外観

出来るだけ安い費用で賃貸物件を探す方法とは

防犯に優れた物件の選び方

外観

部屋は二階以上がおすすめ

町田で賃貸住宅を探すにあたっては、できるだけ防犯性の高い物件を選びたいものですが、防犯設備の充実には費用がかかるため、家賃に転嫁されてしまうことが多いのも、悩みどころです。そこで家賃をおさえつつ、安全な賃貸物件を探すことが必要になります。簡単にできる工夫としては、二階以上の部屋を選ぶということです。階が高くなれば高くなるほど、侵入することが困難になるからです。外側からはよじ登らないといけなくなるため、物理的に侵入のハードルは高まります。また、内部を通る場合も他の住人と顔を合わせる可能性が高くなり、侵入者を躊躇させることができるでしょう。そして部屋の中の様子をのぞかれる心配が減ることも、防犯上は安心できる点です。

周辺の治安を確認しよう

賃貸物件の防犯性は、建物の設備や部屋の位置だけで決まるものではありません。建物自体の立地も、重要なポイントになります。その安全性をはかるにあたっては、自治体や警察などが作成している犯罪マップを参考にするとよいでしょう。これは各エリアでの犯罪発生状況をマップに示したもので、どこでどんな犯罪が起きたか、一目で確認できるようになっており、町田でも公表されています。侵入盗や車上荒らしといった身近に起こりやすい犯罪や、性犯罪といった女性が気になる犯罪は、特に注意して見ておきたいものです。町田の賃貸物件を選ぶ際は、こうした犯罪が少ないところを選ぶようにするとともに、周囲に物影が多いなど犯罪が起こりやすい環境でないかどうか、一度町田の現地を下見してみることも大切になるでしょう。